1951年から2015年までの65年間の関東甲信地方の梅雨入り・梅雨明けの日付をグラフにして梅雨入り梅雨明けを予想してみます。

スポンサードリンク
  
tsuyuiri

tsuyuake

梅雨入り 早い年、梅雨明け 遅い年は?

・関東甲信地方って
関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
甲信地方:山梨県、長野県
を指します。

・一番早い梅雨入り(入梅)はいつ
1963年の梅雨入りがダントツで早いですが、中国地方が5月8日頃(平年は6月6日頃)、東海地方が5月4日頃(同6月8日頃)、関東甲信地方が5月6日頃(同6月8日頃)で、それぞれ平年より約1ヶ月早かったんです。
グラフの間違いでは無いですよ。(間違いかと思いました)

スポンサードリンク

・一番遅い梅雨明けはいつ
1993年(平成5年)は梅雨前線が長期間日本に停滞し、沖縄県と鹿児島県奄美諸島以外の梅雨明けの発表がされませんでした。
この65年のデータでも1回限りの珍事です。米が記録的な不作でタイ米を輸入したりと大変な年でありました。
1993年をのぞくと一番遅い梅雨明けは1982年の8月4日です。

関東 梅雨入りの予想

・それで今年の関東甲信地方の梅雨入り・梅雨明けは?

近似値を黒い点線で引きました。
こうやってみると、梅雨入りの平均が年を追うごとに早くなってきていることが分かり、それに引き替え梅雨明けの平均日付は殆ど変わっていないことが分かります。

・梅雨入り
近似値の値によれば、6月7日頃梅雨入りとなりますが、
一昨年2014年(平成26年)の梅雨入りが6月5日
昨年 2015年(平成27年)の梅雨入りが6月3日 ですので
今年2016年(平成28年)の梅雨入りは「6月3日~6月7日頃」になるのではないかと推測されます。

・梅雨明け
近似値の値によれば、7月19日頃となり、
一昨年2014年(平成26年)の梅雨入りが7月21日
昨年 2015年(平成27年)の梅雨入りが7月10日 ですので
今年2016年(平成28年)の梅雨明けは「7月10日~7月21日頃」になるのではないかと推測されます。

まとめ

6月1日(水)・6月2日(木)の横浜開港祭が来ると、いよいよ梅雨という事になります。
7月8日(金)から7月10日(日)までの3日間の湘南ひらつか七夕まつりもありますし、七夕は星空が見えると良いですね。

※過去のデータに基づいた予想であり、気象学的な予想では無い事をご留意ください。

スポンサードリンク