キレイな肌を維持し続けるためには日焼け対策は欠かせません。季節を問わずいつでも紫外線ケアをすることが必要です。
たとえ真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう。

スポンサードリンク
  

日焼けは夏以外にも

紫外線は5月くらいから増加し、6月には真夏並みになります。
春のうちからきちんと日焼け対策をしておかなければ、お肌にダメージを与えてしまいます。

夏の日焼け止めクリームは、汗をかくとクリームが汗に溶けて剥がれてしまい取れやすいことも覚えておきましょう。
普段の生活の中でも、3、4回は塗り直す習慣をつけておいた方がいいでしょう。

紫外線を遮断する効果が強いクリームを一度だけ塗るよりも、弱めのものを何度か塗り足していく方が有効と言われています。
ですが、わずかずつしか日焼け止めクリームを塗らないでいると、効果が薄くなります。

あご 日焼け

つけ忘れがちなのが「あご」の下の部分です。紫外線はあちこちから反射する性質がありますので、あごの下も油断できません。

目に見えないので分かりづらいですが、先にも述べたとおり地表や建物からの反射でも体に届くことを考慮に入れておきましょう。
サングラスをかけて帽子をかぶっていても、横からや地面から反射した紫外線が顔に当たることが十分に考えられます。

スポンサードリンク

外出する際は紫外線を肌に受けないように、サングラス・帽子・日傘などUVカット効果のあるものを使っていきましょう。

冬の紫外線対策

春・秋・冬は、夏ほど紫外線は強くなくても、年間通して皮膚に届いています。
紫外線が弱い季節でも気を抜いていると日焼けをしてしまいます。

また冬は紫外線が強くないですが、お肌の紫外線への耐性も弱くなっている状態です。
そのため、春に紫外線量が急激に増加すると、皮膚に夏以上のダメージを与えることになります。
ですので紫外線から肌を守るクリームやメイクは、年間を通じて行うことが、日焼け対策効果が得るのに大事です。

日焼け止めを購入する際には「SPF」という紫外線を防ぐ度数に注目してください。
日差しの強い海に遊びに行くなら「SPF50」のものを、通常外出時には「SPF20~25」程度というように、用途に合わせてSPFの度数も変えましょう。
常に紫外線の強さを気にかけ、細かい対策をすることがポイントです。

まとめ

美しい肌を維持するには、上記の様な対策が必要です。
一度に完璧にするのは難しいですが、少しずつ対応して10年後にも美しい肌を維持しましょう。

スポンサードリンク