8月にご先祖様をお迎え・お送りするお盆。8月の子どもの夏休みとも重なり帰省ラッシュにもなりますね。
そんな忙しくなるあなたも一足先に日付を確認!
夏の帰省の予定を考えられてはいかが?

スポンサードリンク
  

1章 そもそもお盆の期間

お盆の最初の13日を「迎え盆(お盆の入り)」、最後の16日を「送り盆(お盆の明け)」といいます。

●お盆の期間
伝統的には旧暦の7月15日に当たる中元節の日に行われていましたが、現在は地域によって異なっています。
・7月13日から4日間
・8月13日から4日間(月遅れ)
・旧暦のお盆
※僧侶の読経で、初盆・新盆(にいぼん)の法要を執り行ったり、お盆の墓参りが行なわれます。
迎え火、送り火を焚く風習も残っています。

8月13日~15(または16)日(月遅れの盆)
当時は、日本国民の8割が農業に従事しており、新暦7月15日は農作業の忙しい時期に重なったため、お盆を1ヶ月遅らせて「月遅れのお盆」としてお盆の行事をゆっくりできるようにしたため東京と地方とで盆の時期がずれたとする説があります。

2章 今年のお盆休みは?

●それをふまえて今年 2016年(平成28年)のお盆休み

今年から8月11日(木曜日)は山の日になって祝日となりました。

今年は8月13日が土曜日、8月14日が日曜日なので

8月15日(月曜日)、8月16日(火曜日)が休みの職場なら(もしくは休みが取りやすい職場なら)
8月12日(金)に有休休暇を取れば、6連休です。ゴールデンウィークも真っ青。

そうはいかなくても12日に休みを取れば11(木),12(金),13(土),14(日)と4連休です。
これだとお盆本来の休みの目的とずれてしまいますが。

スポンサードリンク

今年は、シルバーウィークの方が連続して休みを取るのが難しそうですね。

3章 おまけ

・迎え火
12日夕刻か13日午前中に精霊棚や仏壇のお飾りとお供えをすませ、13日の夕刻、縁側の軒先か精霊棚のところに吊るされた盆堤灯に火を灯します。

・送り火
家に迎えた精霊を今度は送り火をたいてお墓に帰ってもらいます。迎え火をたいた同じ場所で16日(又は15日)送り火をたきます。

・新盆
新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん・はつぼん)とは、故人の四十九日が済んだ後、初めて迎えるお盆のことです。
新盆には、故人の霊が初めて家に戻ってこられるので、普段のお盆よりも丁寧にお迎えします。

・初盆
初盆には四十九日、一周忌、三回忌などの法事法要とは別 に、法要として供養の儀式が営まれます。
ですから初盆以外のお盆には、遺族だけで、祖先の霊と一緒に供養をするのが一般的です。

・きゅうりやなすでつくる精霊馬(しょうりょううま)
反った形で作らないと、しなしなしてきた時に情けなくなります。
良くある写真を見て、どちらを上にしたらいいのかを見極めてから作りましょう
竹籤(たけひご)や割り箸の刺しすぎにも注意です。以外と貫通してしまいます。足のバランスにも注意。

・山の日
当初は8月12日の予定でしたが、日航機墜落事故の日付と重なることで遺族の配慮などから、8月11日に1日前倒しにされました。
将来的には山の日も、海の日と同じハッピーマンデー制度の対象となる予定。

まとめ

しっかりとご先祖様をお迎えいたしましょう。
さて来年2017年は山の日は金曜日です。来年は土日と続きますね。

スポンサードリンク